読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LULL

LULL(ラル) – お疲れ女子のための『癒し』をテーマにしたブログ

女性におすすめの良い枕の選び方

良い眠りに欠かせないのが、良い枕です。体に合わない枕で寝ていると、熟睡できないだけでなく、美容や健康にも悪影響が出ます。

自分にピッタリの枕を選ぶだけで、眠りの質が変りますよ。

 

■合わない枕で寝ているとどんな影響が?

体に合わない枕で寝ていると、熟睡できません。

それだけでなく不眠症に陥ることもあります。また、いびきの原因になったり、頭痛や肩こりを起こしたりなど、さまざまな悪影響も生じます。

高すぎる枕は、首の横じわの原因になるので、女性は特に注意しましょう。

 

■良い枕の選び方

良い枕とは高さ、大きさ、硬さ、素材がその人に合っていることが条件となります。

高さは低すぎても、高すぎてもいけません。

枕が低すぎるとアゴが上がり、首に負担をかけるので肩こりや寝違えの原因になります。高すぎる枕はいびき、二重あごや首のシワ、ほうれい線の原因になります。

布団に横になっても、昼間に立っているときの姿勢が無理なく取れる高さの枕を選びましょう。

 

人は立っているときに、背骨がS字状にたわんでいます。眠ってもこの状態を保つことが安眠の秘訣です。

枕を使わずに眠ると、寝具と首の後ろにスキマができます。この首筋のスキマを枕で埋めてあげれば、自然な姿勢で眠れます。横を向いて寝る人は、首から肩までの高さがキープできる枕を選びましょう。

理想的な枕を選ぶなら、寝具店で実際に試してみて、店員さんのアドバイスを受けましょう。自分ではなかなかわからない、理想的な高さや大きさの枕を、専門化が客観的に判断して選んでくれます。

 

大きさは寝返りを打てるくらいの大きさが理想で、横幅は60センチ以上、奥行きが40センチ以上あればゆったりと眠れます。

 

枕が柔らかすぎると、頭の重みで枕が沈んでしまい、両端が上がって頭が固定される状態になります。

このような状態では寝ている間に寝返りが打てないので、体への負担が大きく、熟睡できません。

人は眠っている間に寝返りを打って、体調を整えると同時に、布団にこもった熱を外に逃がして快適な温度に保って安眠できるように自然に調節しています。

寝返りが打てないと、長時間同じ姿勢を保たなければならないので、寝苦しい上に肩こりなどの原因になります。

逆に枕が硬すぎると頭が安定せず、頭を固定させようと首や肩によけいな力が入ってしまいます。自然に寝返りがうてる硬さのものを選びましょう。

また眠っているときは汗をかくので、枕の素材は洗いやすく、吸湿性、通気性の良い物がおすすめです。